出典:デジタル大辞泉(小学館)

平成12年(2000)にJIS(日本工業規格)で定めた符号化文字集合の規格。規格番号はJIS X 0213:2000(通称JIS2000)。前身となるJIS X 0208を拡張し、JIS第3水準1259字、第4水準2436字を含む4344字を追加。上位互換性をもつ。

[補説]平成16年(2004)に第2次規格JIS X 0213:2004(通称JIS2004)に改正。168字の字形変更とJIS第3水準への10字の追加が行われ、非漢字1183字も含め、合計1万1233字の字形が規定された。平成24年(2012)に第3次規格JIS X 0213:2012に改正。→JIS漢字