出典:デジタル大辞泉(小学館)

事象ABがあり、事象Aが起こり、続いて事象Bが起こる確率Pのこと。これを「AにおけるBの条件付き確率」とよび、PAB)と表される。確率の乗法定理によれば、PAB)=PAPBA)となる。