出典:デジタル大辞泉(小学館)

吉川英治による少年向けの長編冒険小説。武田勝頼の遺児、伊那丸を中心とする少年剣士たちが、武田家再興を目指して戦う姿を描いた娯楽活劇。大正14年(1925)から昭和3年(1928)にかけて、「少年倶楽部」誌に連載。映画、テレビドラマなど、映像化作品多数。

[補説]第二次大戦後の一時期は、神の国(日本)を意味する「神州」という言葉を避けて「新州天馬侠」の表記が用いられた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉