出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体組織や器官と親和性があり、拒絶反応などを起こさない性質。バイオコンパチビリティー。