出典:デジタル大辞泉(小学館)

臀部 (でんぶ) の表層にある大きな筋肉。ヒトでは特に発達し、直立姿勢の保持や歩行に重要な役割を果たす。仙骨腸骨尾骨などから起こり、腸脛靭帯 (ちょうけいじんたい) 大腿骨 (だいたいこつ) 殿筋粗面につく。股関節伸展(大腿を後方へ引く動き)と外旋(爪先を外側に向ける動き)に作用する。