出典:デジタル大辞泉(小学館)

2016年の米国大統領選挙でドナルド=トランプ候補が勝利したことに起因する金融市場の混乱。また、大統領就任後の政策が世界経済や国際社会に与える影響。および、同氏の言動や政治姿勢によって、反支持派の市民が不安や懸念を覚えたり動揺したりすること。

[補説]同氏は、選挙期間中から自国第一主義を唱え、差別的ともとれる発言を繰り返して物議を醸していた。当選の可能性は低いとみられていたが、11月8日の本選挙で、大方の予想を覆して同候補の勝利が濃厚になると、世界の金融市場でリスク資産が売られ、株価や原油価格が下落し、為替相場が乱高下した。この混乱は一時的で、その後は、新政権への期待から株式相場の上昇が続いた(トランプラリー)。トランプ政権下で、米国の外交方針は、それまでの国際協調を重視する多国間主義から、自国の利益や安全を最優先する保護主義排外主義に転換し、米国内や関係国に波紋が広がった。