出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大祓 (おおはらえ) のときに用いる大串につけた、ぬさ。祓 (はらえ) のあと、人々がこれを引き寄せて身のけがれをそれに移して、川に流したという。

    1. 「―の引く手あまたになりぬれば思へどえこそ頼まざりけれ」〈古今・恋四〉

  1. 1に引用の歌から》引っ張りだこ。また、気の多いこと。

    1. 「―になりぬる人のかなしきは寄る瀬ともなくしかぞ泣くなる」〈大和・一六〇〉