出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「柳の下に何時 (いつ) も泥鰌は居ない」から》他人の成功した行為や作品をまねること。「二匹目の泥鰌を狙う」