出典:デジタル大辞泉(小学館)

共産主義者同盟赤軍派から分かれて海外で武装闘争を展開した新左翼系の組織。海外に根拠地を求めてレバノンに出国したメンバーらが1972年に結成。同年のテルアビブでの国際空港乱射事件をはじめ、1980年代にかけて中東・欧州・東南アジアで各国大使館への襲撃や航空機ハイジャックなどを繰り返した。1990年代中頃からメンバーが相次いで逮捕され、2001年に解散を宣言した。