出典:デジタル大辞泉(小学館)

Castillo de la Punta》キューバの首都ハバナの旧市街にある要塞。正式名称サンサルバドル‐デ‐ラ‐プンタ要塞。16世紀末から17世紀前半にかけて港と運河の防備を目的として建造。運河を挟んだ対岸にモロ要塞カバーニャ要塞を望む。内部は博物館になっており、大砲や船の模型を展示している。1982年に「ハバナ旧市街とその要塞群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。