出典:デジタル大辞泉(小学館)

与謝野鉄幹による歌論。明治27年(1894)5月、日刊紙「二六新報」に連載。御歌所派の保守的な和歌を批判し、和歌の革新を唱えた。