出典:デジタル大辞泉(小学館)

アルミニウム溶融塩電解により製錬する方法。セ氏1000度に熱した氷晶石融剤とし、バイヤー法で得られた高純度の酸化アルミニウムを溶解させる。炭素電極で電気分解をすることで、陰極にアルミニウムが析出する。現在、唯一実用化された製錬方法として知られる。1886年に米国のホールとフランスのエルーにより、独自に考案された。