あく‐ねん【悪念】 の意味

  1. 悪事をたくらむ心。悪心。
  • 名詞
  • あく‐ねん【悪念】の例文

    出典:青空文庫

    • 悪念、邪心に、肝も魂も飛上って……あら神様で、祟の鋭い、明神様に、一昨日と、昨日、今日……」 ――誓ただひとり・・・

      泉鏡花「神鷺之巻」