出典:デジタル大辞泉(小学館)

UCS transformation format 8bitユニコードにおいて標準化された文字符号化方式の一。1文字を8ビット(1バイト)単位の可変長のバイト列に変換する。ユニコードの最初の128文字はASCII (アスキー) と同じであり、上位互換性をもつという利点がある。一方、基本多言語面に含まれる漢字は3バイトで表すため、日本語の場合、データ量が大きくなるという欠点をもつ。→UTF-16UTF-32

[補説]ISO/IEC 10646における文字符号化方式としての正式名称は、8-bit UCS Transformation Format。