出典:デジタル大辞泉(小学館)

写真で、撮影後にピントを前後に移動させたり、被写界深度を変えたりすること。また、そのような写真を撮影できるカメラの機能を指す。被写体からの光線を、三次元的な情報も含めて記録するライトフィールドカメラや二つのレンズから得られる視差をもつ画像情報から合成する手法がある。