出典:デジタル大辞泉(小学館)

自律的に運動する仕組みを持ち、相互作用をする物質や物体の総称。生物・非生物を問わず、分子モーター、微生物集団、野生動物の群れ、道路を走る自動車などを指す。それら自ら動くものを集合させたが、何らかの大きな構造を形成したり、ある組織立った運動をしたりすることが知られる。