出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(フランス)Le beau Serge》フランス映画。白黒作品。シャブロルの初長編監督作。ヌーベルバーグの端緒を開いた作品とされる。1957年から1958年にかけて撮影され、同年のカンヌ国際映画祭でプレミア公開。翌1959年から一般公開された。田舎の村に久々に帰郷した青年が、すさんだ生活をおくる幼馴染を救おうと奔走する姿を描く。

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉