出典:デジタル大辞泉(小学館)

high dynamic range 10》2015年に米国CTAで策定された高画質化技術(HDR)の規格。明暗差を10ビット(1024段階)で表し、最高輝度は1000~10000nitを実現。人間の視覚特性を考慮し、明部より暗部の明暗差をより多くの階調で表現しているため、バンディングが生じにくい。Ultra HD Blu-rayや高画質の動画配信サービスなどで採用される。