出典:デジタル大辞泉(小学館)

皇居正門の外側に位置する広場。皇居外苑の中心をなす区域で、クロマツが点在する芝生地と玉砂利を敷き詰めた広場から成る。江戸城のたたずまいを残す城門・濠 (ほり) や皇居の森と調和し、独特な景観を創出している。

[補説]江戸時代は幕府重臣の屋敷が並び、明治以降、皇居前の広場として整備された。昭和初期に現在の姿となった。昭和27年(1952)のメーデー事件以後、原則として国家的行事以外の集会・催事は規制されている。