出典:デジタル大辞泉(小学館)

Palais Sans-Souci》ハイチ北部にある城。港湾都市カパイシャンの南約30キロメートルの高原に位置する。19世紀初頭、フランスからの独立を宣言し、黒人王国を建国して自ら王となったアンリ=クリストフが建造。ベルサイユ宮殿を模したバロック様式の建物で、ヨーロッパから輸入した大理石などの石材が用いられている。1982年に「シタデル、サンスーシ城、ラミエール国立歴史公園」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。