出典:デジタル大辞泉(小学館)

La Soufrière

西インド諸島東部、セントビンセント及びグレナディーン諸島の主島セントビンセント島にある活火山。標高1220メートル。同島北部に位置する成層火山で、火口湖をもつ。20世紀初頭の噴火で発生した火砕流により、多くの犠牲者が出た。
西インド諸島東部にあるフランスの海外県、グアドループを構成するバステール島にある火山。小アンティル諸島の最高峰で、標高1467メートル。1976年とその翌年に噴火したが、いずれも犠牲者は無かった。