出典:デジタル大辞泉(小学館)

Common European Framework of Reference for Languages》個人の言語習熟度を測るための指標。2001年に欧州評議会が発表したもので、欧州各国の言語について同一の基準で習熟度を判断し、学習・教育・能力評価に利用できる。欧州言語共通参照枠。ヨーロッパ言語共通参照枠。

[補説]A1からC2まで6段階のレベルが設定されており、「仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる」「聞いたり読んだりした、ほぼ全てのものを容易に理解することができる」など、各レベルで「何ができるか」を示している。