出典:デジタル大辞泉(小学館)

米と米麹 (こめこうじ) で造ったもろみに、清酒と同じ濃度に希釈した醸造アルコールを加え、糖類・酸味料・グルタミン酸ナトリウムなどを添加して味を調えた酒。第二次世界大戦後に米が不足した時期に製造されるようになった。約3倍に増量されていることから、三倍増醸酒とも呼ばれる。平成18年(2006)の酒税法改正により清酒には該当しなくなった。