出典:デジタル大辞泉(小学館)

地下深くマグマに熱せられた超臨界水を利用する地熱発電。質量当たりのエネルギーが高く、通常の雨水などに由来する地熱発電に比べて数倍程度、発電効率が良いと考えられている。次世代の再生可能エネルギーとして注目され、2050年以降の実用化に向けた研究が進んでいる。