出典:デジタル大辞泉(小学館)

クオーク2個と反クオーク2個で構成されるハドロン。1960年代より量子色力学に基づき、その存在が理論的に予言されている。2013年に日本と中国の実験チームにより、それぞれ独立に候補となる粒子は検出されたが、まだ確定に至っていない。