出典:デジタル大辞泉(小学館)

ゲルを用いた電気泳動の一。塩基対の数が10万~1億程度という分子量が大きいDNA断片の分離に向く。ゲルにかける電界の方向と角度を交替させると、分子量が小さい断片ほど素早く方向を反転するため、分子量に応じた分離が可能となる。微生物の遺伝子型の判別などに利用される。パルスフィールド電気泳動。PFGE法(pulsed-field gel electrophoresis)。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉