出典:デジタル大辞泉(小学館)

特定のがん細胞に結びつく薬剤と光の照射によってがん細胞を破壊する治療法。生体組織内部に到達する近赤外線を照射すると、薬剤が反応して細胞膜を破壊し、細胞外に放出された物質が免疫系を刺激することによって、照射した部位以外のがん細胞を異物とみなして攻撃する。がん細胞を特異的に攻撃するため、副作用が少ない治療法であるとされる。がん光免疫療法。近赤外光線免疫療法。PIT(photoimmunotherapy)。NIR-PIT(near infrared photoimmunotherapy)。