出典:デジタル大辞泉(小学館)

災害対策基本法に基づいて市長村長が地域の居住者等に対して発する避難情報の一つ。災害が発生するなど人的被害の危険性が非常に高まった場合に、避難のため居住者等を立ち退かせること。避難勧告よりも拘束力が強い。→避難準備・高齢者等避難開始

[補説]避難勧告との違いを明確にするため、平成28年(2016)、従来の呼称である「避難指示」に「緊急」が付記された。避難所への移動はかえって危険と自ら判断する場合は、近隣の安全な場所への避難や屋内での安全確保が求められる。