出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代後期の明応2年(1493)、管領 (かんれい) 細川政元が将軍足利義材 (よしき) (後の義稙 (よしたね) )を廃位し、義材の叔父の子である足利義遐 (よしとお) (後の義澄 (よしずみ) )を擁立した政変。この事件を戦国時代の始まりとする説がある。