出典:デジタル大辞泉(小学館)

飯沢匡の戯曲。昭和53年(1978)、著者自身の演出、青年劇場の主催により初演。2部構成で、第1部は小松左京の「春の軍隊」、第2部は島尾敏雄の「接触」をモチーフとする。著者は本作の脚色・演出により、第20回毎日芸術賞を受賞。

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉