出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 船の泊まる所の意から、「津」「渡り」にかかる。

    1. 「―津守 (つもり) が占 (うら) に告 (の) らむとは」〈・一〇九〉

  1. 大船のゆったりとしたさま、または、揺れ動くところから、「ゆた」「ゆくらゆくら」「たゆたふ」にかかる。

    1. 「―ゆくらゆくらに面影に」〈・四二二〇〉

  1. 大船を頼りにするところから、「たのむ」「思ひたのむ」にかかる。

    1. 「―たのめる時に」〈・六一九〉

  1. 船を操る楫取 (かじと) りと音が似ているところから、地名「香取」にかかる。

    1. 「―香取の海に碇 (いかり) 下ろし」〈・二四三六〉