出典:デジタル大辞泉(小学館)

cryptographic hash function》情報セキュリティーの分野で用いられるハッシュ関数。任意の長さのデータを、予測困難な、ある決まった長さの文字列(ハッシュ値)に置き換える。置き換えられた文字列から元のデータを復元することが事実上困難な性質をもつため、電子署名、データの改竄 (かいざん) 防止、パスワードの運用などに用いられる。