出典:デジタル大辞泉(小学館)

Iglesia y Convento de las Capuchinas》グアテマラ中南部の都市アンティグアにある女子修道院跡。18世紀前半に創設。18のアーチに囲まれた中庭に噴水が残る。地震による被災後は修道院として使用されず、現在は遺跡公園となっている。1979年に「アンティグアグアテマラ」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。