出典:デジタル大辞泉(小学館)

コウジカビの一種。パンや餅などに生える黒いカビがこれで、俗にクロカビとも呼ばれる。ただし、浴室などに生じるクロカビ(クラドスポリウム)とは異なる。アミラーゼアスパラキナーゼなどの酵素剤クエン酸などの有機酸の製造に用いられる。泡盛や焼酎の醸造に用いられる黒麹菌(学名(ラテン)Aspergillus luchuensis)とは異なる。学名、(ラテン)Aspergillus niger

[補説]ほかにも黒い胞子をつくるコウジカビがあり、それらを総称していう場合もある。