出典:デジタル大辞泉(小学館)

51 percent attack仮想通貨の取引情報の記録に用いられるブロックチェーンにおいて、悪意あるグループや個人がマイニング(採掘)を独占して行うことで、不正な取引を承認したり、正当な取引を否認したりすること。

[補説]名称は、取引の合意形成を操作するため、全体の採掘速度の50パーセント以上を確保することに由来する。時価総額が大きい仮想通貨ほど、採掘速度を確保することが困難になるため、悪意ある攻撃に対する安全性が高い。