出典:デジタル大辞泉(小学館)

仮想通貨の取引情報の記録に用いられるブロックチェーンにおいて、あらかじめ選出された信頼性の高い複数の管理主体のみで取引情報の合意形成を行う仕組み。プライベートチェーンの一種。すべての参加者が合意形成に加わる場合に比べて計算量が少なくなるため、改竄 (かいざん) 防止の安全性を保ちながら取引の高速化を図れるという利点がある。→パブリックチェーン