出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(イタリア)Cristo mortoマンテーニャの絵画。カンバスにテンペラ。縦68センチ、横81センチ。磔刑に処されたキリストの遺体を、足元の視点から描いたもの。マンテーニャの代表作として知られる。ミラノ、ブレラ美術館蔵。
《原題、(ドイツ)Der Leichnam Christi im Grabeホルバインの絵画。板にテンペラ。縦30.5センチ、横200センチ。キリストの遺体を真横から捉え、顔や手が青黒く変色した様子まで描写した作品。初期の代表作の一。バーゼル美術館所蔵。