出典:デジタル大辞泉(小学館)

怪談噺 (ばなし) 。三遊亭円朝作。江戸時代に広く知られた累 (かさね) 伝説を下敷きとする。旗本の深見新左衛門が貸し金の催促に来た鍼医 (はりい) 宗悦を殺したことが発端で、深見の子孫が次々と非業の死をとげる。のち歌舞伎にも脚色された。