悪法(あくほう)も又(また)法なり の意味

  1. たとえ悪い法律であっても、法は法であるから、廃止されない限りは、守らなければならない。