出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ラテン)Disquisitiones arithmeticae》ドイツの数学者・天文学者、ガウスの著作。1801年刊行。それまでの自身の整数論の研究成果をまとめたもの。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉