出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 小児期にみられる、一過性の下肢の痛み。診察や検査で異常は認められず、原因は不明。夜間に起こり、翌朝までに消失する。大腿 (だいたい) ・膝関節 (しつかんせつ) ・ふくらはぎなどに起こることが多い。→小児四肢疼痛発作症

  1. (比喩的に)国の経済や企業の規模などが急速に拡大する際に当事者が直面する課題。また、個人や組織が自身を変革していく過程で経験する苦痛や困難をいう。「事業拡張に伴う成長痛」

[医学/病気]カテゴリの言葉