出典:デジタル大辞泉(小学館)

プラスミドと呼ばれる環状のDNA抗原を発現するウイルス遺伝子を組み込んだもの。接種すると、体内で病原体のたんぱく質がつくられ、これが抗原となって免疫が得られる。