出典:デジタル大辞泉(小学館)

Transiting Exoplanet Survey Satellite》2018年にNASA(米航空宇宙局)が打ち上げた、系外惑星探査に特化した宇宙望遠鏡、トランジット系外惑星探索衛星の略称。ケプラー宇宙望遠鏡に比べて400倍も視野が広い計4基の光学望遠鏡を搭載し、一度の観測で最大1万個もの恒星についてトランジット法による系外惑星の探索を行う。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉