出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 神や天皇の前を敬っていう語。みまえ。

    1. 「天照大御神の―に白 (まを) さく」〈祝詞・祈年祭〉

  1. 数人で弓を射るとき、最初に射る射手。

    1. 「総射手の前に射る故―と云ふは」〈貞丈雑記・一二〉