出典:デジタル大辞泉(小学館)

《行間を大きく空けるところからという》平安時代、除目 (じもく) の際に用いた文書。闕官 (けっかん) のある場合はその人名の行を空けておき、後で書き入れた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉