出典:デジタル大辞泉(小学館)

アナキスト詩人・評論家の秋山清の著作。昭和43年(1968)刊行。辻潤、金子文子など、日本の反権力者たちの生と死、文学を通じ、真の自由について論じる。