出典:デジタル大辞泉(小学館)

二重らせん構造をとる特殊なRNA。2本の相補的な塩基配列をもつRNA鎖が互いに逆向きに結合したもの。RNAウイルスに特有の構造で、宿主の細胞内で複製する過程でみられる。また、一部のRNAウイルスではゲノムとして存在する(二本鎖RNAウイルス)。二重鎖RNA。→一本鎖RNA