出典:デジタル大辞泉(小学館)

仮想通貨の取引情報の記録に用いられるブロックチェーンにおいて、特定の管理主体を置かず、不特定多数の参加者により取引情報の合意形成を行う仕組み。取引情報の改竄 (かいざん) に対する安全性が高いが、膨大な計算量を必要とするため、参加者が多い場合に取引にかかる時間が長くなるという欠点がある。ビットコインイーサリアムなどが採用。→プライベートチェーンコンソーシアムチェーン