出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本画家、下村観山の代表作。紙本着色による二曲一双の屏風。自然の中にたたずむ一匹の白狐の姿を描く。大正3年(1914)制作。再興第1回院展の出品作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉