出典:デジタル大辞泉(小学館)

銀河系の中心部から上下方向に広がる、γ線を放射する巨大な泡状の構造。2010年、フェルミγ線宇宙望遠鏡により発見。銀河面を挟んだ上下方向に数万光年程度の大きさがある。銀河系形成初期のスターバースト、または銀河中心部の巨大ブラックホールからの宇宙ジェットに起因すると考えられている。